浪漫人狼~奈落城の人狼~


ストーリー

フエニクス帝国が大陸を統一して数十年。
膠着バルバトスには一つの懸念があった。

領内辺境の地にあるレリクス城。
統一戦争の功労者の一人である伯爵シュマリが恩賞として王より賜った城だ。
あの城には得体のしれない”何か”を感じる。

レリクス城は湖と森に囲まれ、最も近い街でも馬車で丸一日以上かかるという、まさに孤城だった。城内には居住区があり、城勤めの者や稀に客人も滞在しているらしい。

帝国預言者の話では、城主は”人ならざる者”だという。とはいえ、公然で
しかし、現在の帝国内情勢を考えるならば、ことを大きくにすべきではない。
そう考えたバルバトスはある日、バルバトス公爵は帝国預言者に占いを相談したところ予想以上の兼住人というが暮らしている。
そのような隠居に近い生活をとしていることは確認できている。ここ数年、城主は人前に姿を現しておらず、帝国議会にも出席していない。城の規模や周辺環境から、大した影響はないというのが王の判断だが、バルバトス卿がといって相応しい。そのような土地にわずかな家臣と共に隠居に近い生活をしているというのか・・・!?

しい城であったが、一番近い街でも馬車で丸一日はかかるまさに孤城、城には居住区があり家臣がいることは

てきた。治安を先代王はようやくからのの人々は「奈落城」と呼んでいた。
その城の奥には”地獄までつながっている”という噂の深い穴があるという。
大臣は城主に幾度がその話をしてみたが、はぐらかした答えしか返ってこない。
奈落城の城主は先代王の所縁の者ということもあり、妄りに詮索することは難しい。
「早めに彼を始末しなければ、しかも秘密裏に!」
城主がいつかこの国の災いとなる人物だと知っていた大臣はついに奥の手を使うことにした。

奈落城に人狼を送り込む

人狼とは、昼間は普通の人間として生活し、夜になると獣人と化す亜人種である。
城内の関係者として潜入し、城主の正体を探り、必要なら存在を消し去れ!
大臣の極秘命令を受け人狼たちは奈落城に潜入した。

奈落城は湖と崖で囲まれた天然の要塞となっており、城外とのつながりは城門の先の橋を渡るしかない。
その命令は突然下された。
”人狼という魔物が城内に侵入した。人狼を駆逐するまで城門を閉鎖する。”
城に残された者たちの”人狼会議”が開幕となった!

各陣営の勝利条件

役職