人狼ゲーム研究会は、あなたと楽しい人狼ライフを応援する秘密結社です☆

人狼ゲームとは

人狼ゲームのルール

世界観

ある村に、”人狼”が紛れ込みました。
人狼は、昼間は村人のふりをして正体をかくし、夜になると狼に変身して村人を襲います。
困った村人たちは、毎日一人”人狼容疑者”を処刑することで人狼を退治することにしました。

ゲーム概要

”人狼”は「会話型推理パーティゲーム」です。

プレイヤー「村人チーム」(多勢)か「人狼チーム」(少数)の一員となり、其々のチーム勝利を目指します。

ゲームは昼間と夜間のフェーズがあります。
昼間はみんなで話し合いをし、狼だと疑う人を一人”処刑”していきます。(処刑されたプレイヤーは発言できなくなります。)
夜間は人狼が村人を一人襲撃します。(襲撃されたプレイヤーは発言できなくなります)

狼をすべて処刑出来れば村人チームの勝ち。
生存者している村人(人間)が人狼と同数以下になれば人狼チームの勝ちです。

基本的なゲームの流れ

  1. カード等を使って村人と人狼に別れます。
    この時点で村人はだれが人狼かわかりませんが、人狼は仲間を知っています。
  2. ゲームには昼と夜のフェズがあります。
    フィズの切り替えは進行役(GM=ゲームマスター)が行います。
  3. 昼フェイズでは、プレイヤー(生き残り)全員で話し合い、処刑するプレイヤーを投票により決めます。
    処刑(吊られた)プレイヤーは、以後会話に加わることができません。
  4. 夜フェイズでは、全員が目を閉じ、特定のプレイヤーのみ行動します。
    人狼は襲撃する(噛む)プレイヤーを選びます。
    村人には特殊な能力を持った役職がいます。>GMの進行に従い行動します。
  5. GMより夜明けが通知されます。
    襲撃先が発表され、死亡したプレイヤーは以後会話に加わることはできません。
    役職の活躍で死者が出ない場合もあります。
  6. このように毎日1~2名のプレイヤーが脱落していきます。
    昼と夜のフェーズを繰り返し行います。

勝利判定

  • 人狼をすべて処刑すれば、村人チームの勝利
  • 村人が人狼と同人数になった時点で、人狼チームの勝利

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional